研究会本会

テーマ:経験から学ぶIVR看護〜未来に残すIVR看護の『知』〜

日時:2018年3月10日(土)10:00〜16:30(受付9:30より開始)

場所:秋葉原UDX 【4FGALLERY】   www.udx-s.jp

参加費:事前登録 4,000円

    当日参加 6,000円

共催:第一三共株式会社

 

概要:教育講演「IVR看護師の臨床の『知』〜250日間にわたる観察から〜」

        自治医科大学 看護学部 古島 幸江先生

   ランチョンセミナー

   演題発表

   ワークショップ『気づくことからはじめるIVR看護』

 

スライド1.png

第18回本会ポスター修正.pdf
<プログラム内容>
 モーニングセミナ<抗血小板薬「エフィエント錠」について/第一三共株式会社> 
第1部教育講演 「IVR看護師の臨床の『知』〜250 日間にわたる観察から〜」
 自治医科大学看護部  古島 幸江先生
 ランチョンセミナー「〜第17回IVR看護研究会参加者へのアンケート調査より〜」
 IVR看護研究会プロジェクトメンバー 野口 純子
第2部口演

演題 演者


@「血管造影用止血パンツの考案と臨床使用」 独立行政法人国立病院機構大阪南医療センター
平阪 清美
A「IVRにおけるプレパレーション(心の準備)」 栃木県立がんセンター
大和田 一美

B「血管造影室における医療廃棄物分別の徹底の推進

 〜環境への配慮とごみ処理に関わるコストの削減を目指して〜」

独立研究法人国立国際医療センター病院

王 雅芳

C「心臓カテーテル室専属看護師としての使命」 草加市立病院
新田 幸子

D「カテーテルアブレーション時のスキントラブルに対する取り組み

 〜ノンアルコールスキンプレップを使用して〜」

昭和大学江東豊洲病院

高松 幸子



E「入院支援センターでの取り組み」 兵庫県立姫路循環器病センター
西崎 佐登美
F「診断カテーテル中に急性心不全を来した1例」

心臓病センター榊原病院

貝原 大智

G「IVRをうける患者の不安軽減や理解を深めるための取り組み 

  第2報」

和歌山県立医科大学付属病院

中尾 大輔

H「北海道IVR看護研究会活動報告 語ることの意味」

北海道IVR看護研究会

松橋 正子

第3部】コーヒーブレイク
「職場でできる疲労回復ヨガ」ヨガスタジオそら オーナーヨガインストラクター 岡 あやこ先生
第4部ワークショップ
 テーマ:「気づく事からはじめるIVR看護」
▲このページのトップに戻る