第20回IVR看護研究会開催要項

本会 

日時:2020年9月12日(土)10:00-16:30

場所:KFCホール


*プログラムの変更はありませんが、発表方法に若干の変更がありますことをご了承下さい。


テーマ:IVR看護2020 ~対話を通じてつながろう~

プログラム:

特別企画『IVR看護2020 つながろう  ラダー聖火リレー』

  演者:佐藤 恵美(手稲渓人会病院)<抄録のみ>

     大和田 一美(独立行政法人 栃木県立がんセンター)<スライド上映>

     手島 真理子(JCHO 星ヶ丘医療センター)

     祇園 由美(岡山大学病院)<スライド上映>

     伊波 稔(南部医療センター・こども医療センター)<スライド上映>


ランチョンセミナー『緩和IVRほんとのところ』 

          がん研有明病院 松枝 清 先生

 

演題発表  

 1.「止血バンドによるMDRPU予防に対する取り組み−アンギオ室と病棟の連携による効果−」

          高知医療センター救命救急センター 今中 与主安  <スライド上映>

 2. 「循環器IVR時の水晶体被ばく線量の計測結果」

          日本医科大学武蔵小杉病院 増島 ゆかり

 3. 「血栓回収療法開始までの時間短縮に向けての取り組み」

    社会医療法人清恵会 清恵会病院 間口 幸司 <抄録掲載のみ>

 4.「IVRクリニカルラダーに沿った指導者の育成」

    沖縄県立中部病院 仲尾次 翔太 <スライド上映>

 5.「 IVR看護師に求められる看護実践能力」

    医療法人財団荻窪病院 高田 沙織

 

コーヒーブレイクセミナー 「カテ室で予防したいMDRPU」

             麻生総合病院 看護師(WOC) 玉城 洋子先生


特別講演 『対話について』

             産業能率大学 齊藤 弘通 准教授


ワークショップ『IVR看護2020 対話を通じてはじめよう』


 

kfc-hall-rooms-map.pdf

          __sozai__/0012235.png

                       第20回IVR看護研究会にむけて    

 

               

 

 IVR看護研究会は、聖路加国際病院の当時放射線科ナースマネージャだった黒田正子さんが、「IVR看護は、今後ますます専門性が必要になるが、学ぶ場がない。もっと横のつながり(他院の看護師との交流)がつくれ、継続的に学ぶ場が必要」と考え、20年前に発足されました。 始めは、「横のつながり」ができる事を意識し、「他院での取り組みなどを発表」し、「ディスカッションする」という場のデザインで行われました。身近な話題、かつ他院ではどのように行っているかという素朴な疑問が解決される場となり、第3回は、IVRを受ける患者の最大の特徴である「意識下で治療を受ける」ことに焦点を当て「患者のメンタルケア」をテーマに行いました。その時「メンタルケアはチームで行う事が重要である」ことを学び、第4回から第9回までは「チーム医療」をテーマに行われました。 第10回の節目の年、「これから私たちの行うIVR看護はどうあるべきか」を問うテーマで開催、翌年は海外のIVRに携わる看護師をお招きし、視野を広げることができ、第12回からは、それまでの具体的なテーマではなく、もっとIVRに携わる看護師としてどうあるべきかを問う、抽象度の高いテーマを設定してまいりました。 近年では、自分たちのキャリア、熟達、倫理などをテーマにしてまいりましたが、結局のところ、自分の成長や、他者の育成、倫理に対する話し合いといった、人との関わり合いには他者との対話が重要なのではないかという考えにいたりました。そこで第20回ではこの「対話」をテーマに開催したいと思います。 看護師は、日々たくさんの患者さんを含めた他者とコミュニケーションをとる必要がありますが、果たしてみなさんは、きちんと対話できているでしょうか。「いまさら?」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、近年の学習理論の一つとして、アンラーニング(学習棄却)が必要と言われています。アンラーニングとは、一度学習した知識や価値観を意識的に棄却し、新たに学習し直すことです。自分が他者とコミュニケーションをとる上でのくせや価値観などをこの機会に内省し、「対話」について学び直しを一緒にしませんか。 

 

 

                                 第20回当番世話人 野口純子 

▲このページのトップに戻る